カテゴリー「グルメ・クッキング」の投稿

いがらしろみさんのジャム&スコーン

バンクーバーオリンピックのカーリング。

カナダ戦は試合をコントロールしながらの惜敗でしたが、

今日の中国戦はミスが多く、日本らしい戦いができませんでした。

明日は前半のヤマ場、イギリス戦。昼12時からです!

さてさて、本日発売!

「romi-unieのスコーン+ジャムとクリーム」

138429_s

http://www.shufu.co.jp/books/00004325.html

鎌倉にあるおいしいジャムのお店のオーナー

いがらしろみさんの新刊です。1365円(税込)

表紙の赤いチェック柄が店頭でも目立ちそうです。

ジャムだけでなく、焼き菓子も教室を開いているほど好評だそうで

本にもおいしそうなスコーンが並んでいます。

ちなみに、ろみさん、東京駅にはカップケーキのお店もあります。

また、この本の撮影は料理写真界の大御所、長嶺輝明さん

だからでしょうか、途中、お菓子の写真がアートのように並び、

レシピは別ページに、なんて見せ方も。

発売を記念して、本日19日から5月末まで、

東京・学芸大学、鎌倉、札幌、神戸、奈良、福岡、仙台と、

イベントも行う予定。

詳しくはromi-unieのHPもしくは当社HPをご覧ください。

-------------------------------------------------

※2月19日発売!「隠れ家ガーデン」 1470円(税込)

628685_s

http://www.shufu.co.jp/books/00004327.html

プライベートガーデンの実例を集めた本。小さくても心地よい庭作りを応援します。

|

野口英世さんの15分レシピ

最近、京橋や銀座は駐車監視員の数がすごく増えた気がします。

京橋は中央署、銀座は築地署管轄と別なので、

たぶん都内どこもなのかもしれませんね~。

15分どころか、3分でも目を離すと貼られたりしますので、ホント、要注意。

ハザードを出しっぱなしにする、「配達中」の紙を出す、

なんて関係なく、アウトですから。

さて今日は3分は無理でも15分で、おいしいごはんを作ろうという本。

「野口英世さんの簡単15分レシピ」

1月20日、発売になりました。

629569_s

http://www.shufu.co.jp/books/00004309.html

著者はAll Aboutで「スピードレシピ」 を担当。

この一度聞いたら忘れない名前は、

野口さんという男性と結婚したからだそうです。へ~。

このあたりのことに加え、15分で作れるチキンカレーのレシピを

Niftyの「デイリーポータル」で取材、紹介されています。

http://portal.nifty.com/2010/01/23/a/

このチキンカレーは電子レンジを使っているのですが、

手順も少なく、本当に簡単そう。

こんな15分レシピをいくつか覚えておくと、絶対に得ですよ!

PS:有楽町西武閉店のイメージ映像でも撮っているのでしょうか?

今日の銀座は朝からヘリコプターが飛んでいてすごくうるさいです

--------------------------------------------------

※NHKスペシャル「巨大地震」が本になります! 

http://www.shufu.co.jp/megaquake/

|

今年こそ!? バレンタイン大作戦

happy02happy01先日、某総研の研究発表会に行って来ました

こういう、総研の発表会は面白くて大好きlovely

今回の内容からちょっとだけ。

「今の日本人は、ある程度のリスクを負うこことも覚悟して変わる、

そしてそれを周りにも明示している人が増えている」というもの。

それだけ、深刻な事態である、と。国とか政府や企業が変革を掲げるだけでなく

個人レベルでの変革が起こる、起こっているんだそうです。

ほお~、何かを始める、だけでなく、何かを止める、ってことも

変化だということだそうで。

じゃ、私も何か、と言うわけで、毎年おざなりになっていた

バレンタインデーに今年は注力してみるかな?!

手作りチョコって、手間ヒマかける割においしいっ!!という

出来栄えにはなかなかならなくて…結局は

「1年に1度のチョコだし、私も食べたいし」smile

ってことで、有名ショコラティエのお店に走ってしまう結果にcoldsweats01

ところが、今年は当社から超可愛いチョコ本が登場!

「彼にあげたいデコheart01チョコレート」

629262_s_2

http://www.shufu.co.jp/books/00004307.html

蛍光ピンク色の表紙には

ジュノンボーイの山本裕典くんがキラーンshine

年代的になかなか手が出にくいチョコ本ですが、

これが実は簡単で見栄えばっちりレシピ&ラッピング実例付きの

優れもの。これなら私でも手軽に挑戦できるし、子供も一緒に楽しめそう!

全レシピ可愛いデコチョコだし、お値段も可愛い税込¥500

ちなみに私がトライしたいのは「スプーンチョコ」、難易度の小学生に最適

(最難度は♡♡♡)というもの。でも見た目可愛いし、ショコラショウは無理でも

ホットミルクをかき混ぜるとホットチョコレートぐらいになるかもhappy02

他にもクッキーやマフィンなどもあり、見ているだけで、可愛い、楽しい

デコチョコ本。こんなのもらったらそれだけでメロメロになっちゃうんだけどな。

皆様も是非お試し下さい!

※宣伝部Y注

表紙を見てもわかるように、この本は中学生~高校生、初心者向きの

チョコ本です。とばいえ、誰にでも簡単に作れることは間違いありません…。

|

stillさん新刊は圧力鍋の本!

今年に入ってからずっと気になっていた「アデランスは誰でしょう?」のCM。

答えはなんと新庄剛志さんで、サイトへのアクセスが集中しているそうです。

「ぐっさんだろ~、それとも全員とか?」と思っていたのでビックリ。

あれくらいインパクトがあるとCM効果もすごいでしょうね~。

今日の本はアデランス…とは全然関係なく、本日発売の圧力鍋の本。

「stillさんの圧力鍋ですぐにおいしいレシピ」

http://www.shufu.co.jp/books/00004310.html

67435_s

この本はパーフェクト・キッチンの5リットル圧力鍋を使用、

いつものおかずからはじまり、常備菜、シチュー・スープ

ごはんもの、おやつ、そして簡単おもてなし料理と続きます。

大き目の圧力鍋はパスタをゆでるにも便利なんですよね。

また、stillさんといえば、秘伝のたれ。

この本でも「stillたれ」、「だしたれ」、「味噌だれ」、

そして「新stillたれ」などが大活躍!

圧力鍋の本なのに1000円を切る980円(税込)という価格も魅力です。

---------------------------------------------------

※LEON3月号、好評発売中!

1961303_s

www.leon.jp

|

おかずの教科書シリーズ第6弾は「お弁当」!

「すてきな奥さん特別編集 おかずの教科書」シリーズは

あっという間に10万部を超える大ヒット料理ムックなのですが、

本日、第6弾として

「毎日ラクちん!朝つめるだけ!3分弁当」

が発売されました。

629613_s

http://www.shufu.co.jp/books/00004312.html

中身は「人気のお弁当おかず50」からはじまり、ボリュームたっぷりな「のっけ弁当」、

「作りおきのおかず」、チャーハン・混ぜご飯などの「味つきご飯」、さらには

覚えておくと便利な「おかずリメイクテク」など、おかず&アイデアの総数は214!

なのに490円(税込)という低価格なのです。

既刊ともども、よろしくお願いします。

【おかずの教科書シリーズ】

「超簡単!なのに、おいしい和食215」

「食費が減る!のに、おいしい100円おかず208品」

「すぐ作れる!のに、おいしい100円お弁当278品」

「すぐ作れる!のに、おいしい50円おつまみ205品」

「もっと食費が減る!のに、おいしいおかず237品」 各490円(税込)

【おかずの教科書 for ビギナーズ】

「おいしい!のに簡単100円和おかず」 480円(税込)

00004187_d

------------------------------------------

※リラックマが成人式を迎えたアナタにひと言…。

http://www.shufu.co.jp/4kuma/

当社HPでしか読めない「リラックマ4コマ」、毎週月曜更新です!

|

手作りおせちに今年こそ挑戦!

先日は友人と忘年会。


というわけで久しぶりに表参道を歩いたのですが…
01

イルミネーション!今年、11年ぶりに復活したんですよね。
http://www.omotesando.or.jp/bellsymphony/

昔は見物渋滞がひどく、そのせいもあって中止されたと聞いていましたが、
華やかなイルミを見ると、気分が上がります。
クリスマスはカップルがたくさん訪れそうです。

このイルミネーション、来年1月10日まで、17時~22時の間に点灯されます。

さていよいよ年末、この時期に準備するものといえば…
「藤井さんちのおいしいおせちとお正月のごちそう」

62909_s_2

http://www.shufu.co.jp/books/00004285.html

ここ数年はデパートや老舗料亭が作るおせちも人気ですが、
今年は節約志向もあって、おうちごはんが大人気。
であれば、おせちだって手作りに挑戦してみたい、
と思う人もいらっしゃるのではないでしょうか。

著者・藤井恵さんいわく、「うちのおせちは、ふだんのおかずをちょっぴりよそゆきの顔にしたくらいの親しみやすさ」とのこと。

また、おせちというと、祝い肴があって口取り、焼き物、煮物があって…
といったしきたりにとらわれがちですが、初心者歓迎なこの本は、
今年は3品、来年は5品とメニューを増やしつつ「うちの味」を作っていくことを
提案しています。

くわえて、タイトルにもあるように、お正月向きの料理レシピも収録

これはお勧めの1冊です。
----------------------------------------------
※「すてきな奥さん新春号」完売目前!辻ちゃんの表紙に注目!

0543201_s

|

お菓子作りのおいしいコツ満載「シンプルテクニックのお菓子」

携帯メールで「へ」を打ってもようやく「ヘルニア」のワードが

出なくなった宣伝部Yです。

今週はフリーアナ・高樹千佳子さんも“なっちゃった”みたいで

報道されていました。彼女も書いていたけど、

「まさか、こんなに痛いとは」なんですよ。

腰痛とは全然、別物なので、ちかくに悩んでいる方がいたら

「なんだ、腰が痛いくらいで…」なんて言わないでくださいね~。

62859_s

きなこ抹茶のサブレがおいしそうに並んでいるこの本は

「ミトン流シンプルテクニックのお菓子」

http://www.shufu.co.jp/books/00004280.html

お菓子好きにはたまらない小金井の名店

「オーブン・ミトン」の

小嶋ルミさんの本です。

小嶋ルミさんといえば、粉の分量も1g単位、混ぜ方も回数指定という

繊細なレシピで有名。本書も、その流れは変わらないのですが、

「誰でもカンタンにおいしいお菓子が作れるように」

とプロセス写真をたくさん載せています。

定価も今までの小嶋さんの本に比べてかなり安めな1260円

小嶋さんには固定のファンがかなりいるはずなのですが、

初心者の人にこそ手にとって欲しいという思いからなんです。

タイトルを見てもわかりますよね。

売れ行きもなかなかいい感じです。

レシピ数は多くないものの、「まずはこのお菓子を作ってみて」

という小嶋さんの提案、いかがでしょうか。

--------------------------------------------

※11日発売の新刊「パウンド型ひとつで作るたくさんのケーク」

13828_s

http://www.shufu.co.jp/books/00004294.html

ひとつの型からお菓子バリエが広がります。

|

ニューヨークスタイルのチーズケーキとコーヒーケーキ

「ニューヨークスタイルのチーズケーキとコーヒーケーキ」
13808_s

昨夜、著者・平野顕子さん主催の出版記念パーティがありました。
(ちなみにコーヒーケーキはコーヒー味ではなく、コーヒーにあうケーキを総称します)

昨年11月刊行の「ニューヨークスタイルのパイとタルト、ケーキの本」
好評で、このたび第2弾が発売されたんですね。

というわけで、平野さん。
代官山と京都に「松之助」という名前のケーキ店を開いているのですが、
本当にパワフルな女性です。
経歴も聞くと驚きますよ。
なんと47歳にして一念発起しアメリカに留学、
当地でシャロルさんという料理研究家に出会ったことが
お菓子作りを始めるきっかけになったそうなのです。

帰国後、お店をオープンし、今では京都・東京・ニューヨークでお菓子教室も主宰。
その味は食のセレクトショップ「DEAN&DELUCA」も認めているほどで、
アップルパイやチーズケーキなど、お菓子数点を品川店や六本木店で販売しています。

しかも、今回、本書で紹介されたコーヒーケーキも一部、店頭に並ぶことに!
うれしいです。http://www.deandeluca.co.jp/

平野さんのケーキは砂糖、バター、生クリームもしっかり使います。
そういう意味では先日紹介したチーズケーキの本とは明らかに読者層が違うのですが、
ケーキはある意味、ご褒美的なものでもあるし、たまにはいいじゃん、という読者には
こちらのほうがお勧めかもしれませんよ。
ちなみにいま、DEAN&DELUCAさんでは「松之助ホリデーアップルパイ」
予約受付中。作るより食べる派の方はこちらのリンクへ。

さて、本題に戻ってパーティーでは本書のコーヒーケーキをすべて用意
していただきました。優秀なアシスタントのみなさん、ありがとうございました。
さらに、先生の友人の料理家さんにお作りいただいた、京都のおばんざいも大人気!
お皿が次から次へと空っぽになっていきます。

20091130685

写真は挨拶に立つ平野さん、今までの苦労を思って涙ぐむシーンも…。

20091130686

本はおかげさまで売れ行き好調、注文もかなりいただいたので、
発売前日に重版が決定しました。

平野さんとは「あと1冊刊行して、ニューヨークシリーズ3部作にしましょう」
とお話ししているのですが…果たして次のテーマは何でしょう?

------------------------------------------------------

※「アニメ冬のソナタ」が週刊女性でいよいよ連載スタート!

00000517_3

本日12月1日発売です。

|

チーズケーキを毎日食べたい!

こうちゃんYOMEちゃんヤミーさん

最近の料理本はブログ発料理家さんの本が人気です。

当社からはtakakoさんこと稲田多佳子さんの本がもう7冊も刊行されています。

http://www.shufu.co.jp/books/00004042.html

その多佳子さん本の担当編集者Aさんが新たにおくる本、それが

「happy smile kitchen まいにち食べられる、あっさり、さっぱりチーズケーキレシピ56」

です。

62860_s

長いタイトルですねー。

著者は和歌山県在住の既婚女性、藤澤さん。

4年前にお菓子ブログを立ち上げのですが、

編集者Aが実際に作って食べてみるとホントにおいしい!

というわけで出版化の連絡を取り、直接お会いし、本の方向性が決まりました。

藤澤さんのチーズケーキはタイトルにもあるように、

砂糖がかなり控えめ、使う油の量も少ないのですが、

「ケーキを毎日でも食べたい!」という藤澤さんにとってはこれがベストレシピ。

実際、販売担当Mさんもこの週末にベイクドチーズを作って

家族に食べてもらったら大好評だったそうです。

さらに価格もチーズケーキの本としては998円(税込)と控えめ。

ケーキ写真を切抜きした表紙も目立ちます。

今日発売なので、週末~月曜日くらいまでには、全国の書店さんに並ぶと思います。

----------------------------------------------------

※こうちゃんレシピ本は当社特設サイトも!

62907_s
http://www.shufu.co.jp/yasuuma/

|

おいしいお菓子が作れるママに!

昨日の酒井法子被告の記者会見、

カメラフラッシュがすごかったですね~。

マスコミのカメラはバッテリー容量も大きいので、

1回のフラッシュでも目に残像が残るくらいなのですが…

もしかしたら彼女、会見中はほとんど前が見えていなかったかもしれません。

話題かわって…秋ですイベントシーズンです。

小さい子どもがいるママは幼稚園バザーやお誕生日会などで、

お菓子を作る機会が増えるかも…というわけで、

「友スイーツ&ラッピングBOOK」

http://www.shufu.co.jp/books/00004196.html

20090918604_2

クッキーマフィンはもちろん、マシュマログミキャラメルなどなど、

子どもが大喜びするプチスイートのつくり方をいろいろと紹介しています。

バザーといえば、予算も気になるもの。

なので、この本のテーマは「10個で500円以下」。

実際は10個で100円、150円、200円なんてお菓子もかなりあります。

また、タイトルにもあるよう、かわいいラッピングアイデアもたっぷり!!

しかも税込590円と、お財布にもやさしいのもうれしくないですか?

この秋、あなたも「おいしいお菓子が作れるママ」目指してみては?

--------------------------------------------

※人気ブログfumiさんの自家製酵母パンシリーズ第3弾!

http://www.shufu.co.jp/books/00004199.html

00004199_d_2

「「自家製酵母」のもっちりパンとざっくりパン」好評発売中!

|