« 中村蒼クンサイン本お渡し&握手会速報!! | トップページ | お気に入りの雑貨をひとつ… »

調理時間も光熱費も削減!圧力鍋のレシピ本

今日はこのブログでは珍しく、料理本を紹介します。当社は実用書に強い出版社ですし、雑誌・書籍以外のムックも紹介しなくては…というわけです。

さっそくですが、みなさんは料理書を選ぶとき、何を参考にしていますか?

というのも最近の料理書は、レシピがもちろん1番の売りなのですが、装丁をはじめとするブックデザイン、とてもおいしそうに撮影された料理写真、そしてどういった器や布を使っているかというスタイリングが非常に大事なのです。たぶん、5年くらい前に発売された本と今年発売された本では、このあたりが全然違います。もうびっくりするほど違います。そういう意味では料理書は日本のが1番進んでいると思います。

と言うわけで、遅くなりましたが紹介する本は「まいにち、圧力鍋」というムックです。
Nabe1


その名前のとおり、圧力鍋で作る毎日のおかずがテーマなのですが、実はこの本、私、宣伝部Yが制作に関わっているんですね~。その経緯はおいておくとして、こちらのムック、圧力鍋メーカーのレシピも作っている堤さんが著者で、撮影は料理写真界のキムタクこと、木村拓さん、スタイリングも料理雑誌の大御所、肱岡さんにお願いしています。デザインは当社では「サルビア給食室のおいしいおべんとう手帖」「Sweets at home」を手がけた大島さん…。

というわけで、この鍋をのぞきこんだような表紙写真がおいしそうだこと!(実際、おいしいのですが)

圧力鍋の料理本というと、けっこう無理やり作ったものが入っていたりするのですが、こちらの本はそんなこと、一切ありません。ティファールさんから3台の圧力鍋を借りた堤さんが、もう毎日のように試作を重ね、「絶対レシピ数は100」というYのオーダーどおりに100のレシピを仕上げてくれました。

Nabe2

(この見開き、好きなんですよね~)

さて、「まいにち、圧力鍋」ですが、9月12日に発売されて早くも30%近い実売を確保。まずまずの出足です。実際、普通の白米を炊くだけでも圧力鍋は早いし、おいしいです。みなさんがもし圧力鍋をお持ちなら、そして、あまり使わずに戸棚の奥に置きっぱなしなら、ぜひこの本を参考にしてほしいです。

---------------------------------------------------
※こちらも好評!「野菜のお菓子のレシピブック」
http://www.shufu.co.jp/books/00003858.html

※しょうゆが大活躍するレシピ集「しょうゆの本」
http://www.shufu.co.jp/books/00003857.html

|

« 中村蒼クンサイン本お渡し&握手会速報!! | トップページ | お気に入りの雑貨をひとつ… »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事